水虫はアルコール消毒ではなくイトリゾールで治す

梅雨のじめじめした時期になると水虫が出来るので、予防のために消毒用アルコールは使えるのかと、気になる方もあるでしょうね。
結論から言いますと、ある程度は予防できますが、すでに出来てしまった水虫は治療出来ないので、イトリゾールのような薬を使わないと治らないでしょう。
消毒用アルコールには殺菌効果まではないので、皮膚に塗ったとしても治りませんし、それどころか強い刺激によって、痛みを感じたり、余計に悪化する可能性もあるので、治したいときは病院に行くようにしてください。
毎日汗をかいたらすぐに拭いたり、洗ったり、入浴を欠かさないなど、常に清潔な状態にしていれば発症することはないので、わざわざ消毒用アルコールを使って予防する必要はありません。
すでに出来てしまった水虫については、病院でもらった塗り薬や、飲み薬を使って治すしかないので、まずはお医者さんの診察を受けるようにしてください。
最初のうちは水ぶくれが出来たり、かゆくなったりするので、虫に刺されたのかと思う方もあります。
しかしやがては菌が爪の裏にまで繁殖したり、足の裏をがさがさにすることもあるので、適切な薬を使って、綺麗な皮膚を取り戻すようにしましょう。
皮膚の表面だけでなく、爪水虫や角質の奥深くまで、水虫の白癬菌が広がった場合は、イトリゾールのような飲み薬を使わなければならないことが多いので、用法・用量を守って、正しく服用することが大切です。
イトリゾールは効果の高い抗真菌薬で、白癬菌やカンジダなど、さまざまな真菌を殺菌できますし、塗り薬では治りにくい爪水虫にも効果があるので、きちんと飲み続ければ、ツルツルの綺麗な皮膚に戻せます。
放っておくとどんどん悪くなるので、水虫は早めに治すようにしましょう。