カビに感染したと自己判断でのイトリゾールは危険

カビ、つまり真菌に対して有効な治療薬はいくつかありますが、その中でも内服薬として用いられているのがイトリゾールです。
真菌の中でも人が感染しやすいのは白癬菌と呼ばれる菌であり、水虫は足に白癬菌が感染する事によって発症し、その他にも頭部白癬や爪白癬など、白癬菌が感染する場所は複数あります。
いくつかある抗真菌薬は症状に合わせて治療薬を用いるべきであり、イトリゾールの場合は爪白癬に対してパルス療法という方法で用いられる事が多いです。
爪白癬に対して用いられる理由としては、爪白癬の場合は塗り薬ではあまり薬の効果が無く、内服薬であるイトリゾールの方が有効な手段となっているからです。
パルス療法は一週間の間薬を服用した後、三週間服用を止めておき、それを三回繰り返すという方法です。
イトリゾールは服用すると吸収されて爪に行き、その状態のまま長期間留まる事が知られていて、1年以上は有効であると言われています。
パルス療法で服用する事で、副作用のリスクを減らすためにも薬の服用回数を少なくしながらも治療効果は高いという事が知られています。
イトリゾールは通常は病院で処方して貰う薬なので、病院の指示に従って治療を行えば良いのですが、この薬は病院で処方して貰わなくてもネット通販で手に入れる事も出来ます。
ただ、爪白癬の症状らしいからといって自己判断で通販で薬を購入し、病院へ行かずにイトリゾールを服用して治そうとするのはやめておくべきです。
その理由としてはまず、病気は似たような症状の別の病気である可能性もあるので、安易に自己判断で決めつけるべきでは無いです。
また、イトリゾールは他の薬と相互作用を起こしやすく副作用の危険もある事から安易に使用するのはたいへん危ないのです。